包装資材の専門商社 タミヤ

ホーム タミヤのチカラ 商品ラインナップ 環境保全活動 会社情報 お問い合わせ

会社情報

Home > 会社情報 > 社長の経営日誌
会社概要
主要販売・仕入先
社長の日誌

社長の経営日誌

孤高の天才 社長の経営日誌 田宮社長が好き勝手に織りなす独白です
  FILE No.671 2020.3.28  

「 バースデー・イベント 」

二ヶ月遅れのブログ、今週は1月中盤〜月末の総集編で、22日は新木場にてCMLLレディースリングを初観戦しました。
当初ノーマークだったこの大会でしたが、メインが新設されたCMLL女子王座の初代王者決定戦、日本代表・白川未奈とメキシコ代表・ダリスの一騎打ちとなり、これは見逃せないと駆けつけました。
ベストボディ・ジャパンのベルトを落としたばかりの未奈ちゃんに再び巡ってきた栄えある初代王者のチャンス、試合はルチャ・リブレらしく三本勝負で行われ1本目は未奈ちゃんが電光石火の飛びつき逆十字で先制したものの2本目、3本目は「宇宙一強い女」の異名を持つダリスが地力を発揮して連勝、ベルトを獲得しました。
試合後の売店では未奈ちゃんの前に結構長蛇の列が出来ていましたが、一気に脱力感が襲って来た私はこの日だけは積極的に並ぶ気力が失せていました。
実はもう一つ、ダリスの旦那であるレジェンド、ネグロ・カサスが出て来てくれないかとソワソワしていた事も大きな理由でうまくタイミングを見計らって写真を撮る事には成功したものの、その後最後の最後に未奈ちゃんの列に並ぼうとしたら会場撤去時間の都合で打ち切られてしまったのです(苦笑)。
この一週間後に今度は東京女子の会場で会った未奈ちゃん、
「先週は何で売店来なかったの?」
「実はネグロ・カサスを追いかけるのに夢中で…」
「でも杏ちゃむの所は行ってたでしょ。」しっかりチェックしてるじゃないか(苦笑)!
白川未奈VSダリス こちらをクリック

その二日後、新宿FACEにて今度は未奈ちゃんのもう一つの戦場であるベストボディ・ジャパンプロレスの試合がありましたが、ここで時計の針を巻き戻し話は1月4日の東京女子へと戻ります。売店での未奈ちゃんとの会話、
「ねえ、今度のベストボディのチケット買った?」
「いや、まだだけど…」
「実は今度、私出ないの。」
ええ〜っ!?フリーとは言え事実上の同団体の女子のエースが出ないでど〜すんの?
その理由ははっきり言わなかったものの「(自分が出ると思って)前売り買ったら悪いなと思って…まだ黙っててね。」
この心配り嬉しい限りですが、未奈ちゃんが出ないならと観戦予定は取り止め、それから一週間ぐらい経って当日の全対戦カードの発表を見るとやはり未奈ちゃんの名前はありませんでした。
(やっぱりなあ…)と思いつつ全カードに目を落としていたら「第2試合 時間無制限1本勝負 赤井沙希 VS 田村依里子 」とあり仰天!
沙希ちゃんまさかの初参戦、マジかよ!?実は同日の後楽園ではシードーリングの大会があり、もし出るならこちらかとマークしていたので完全に裏をかかれました。
もしや未奈ちゃんが私に気を遣って推薦してくれたのか?(そんなわけないだろ 笑!)
二転三転、結局観戦する事になりましたが、奇しくも試合がある1月24日は沙希ちゃんのお誕生日! プロレスラー冥利に尽きるバースデー・マッチとなりました。

 クリックで拡大
 はぴぱ試合にメッセージ
 クリックで拡大
 ほぼ私専用?

昨年末辺りから試合数が増えただけでなくシングルマッチが急増で嬉しい限りですが、この日の対戦相手、田村依里子選手は柔道出身の強豪とは言えプロレスではまだまだキャリア不足、余裕の完勝でした。(8分39秒 新人賞 → 片エビ固め)
他団体参戦時に活躍するのが沙希ちゃん専用チェキ券、会場入りして売店に直行すると顔馴染みとなったスタッフの方が嬉しそうに「実は田宮先生の為にいいもの作ったんですよ。」ニコニコしながら出して来たのがなんと私専用?「10枚券」!?
後で聞いたら更に「15枚券」や「20枚券」まで作ったそうですが(笑)、せめて10枚券や20枚券には何か特典付けて欲しいよねえ(苦笑)。
沙希ちゃんツーショット集 こちらをクリック

実は1月24日は前田日明さんの誕生日でもあり、翌25日に新宿でバースデー・トークイベントが行われました。
ここのところほぼ毎月のペースでトークに駆り出される前田さん、カリスマ人気は健在でこの日もぎっしり超満員、スペシャルゲストとして藤原組長も駆けつけ盛り上がりました。

26日のDDT、この日はいよいよ沙希ちゃんが樋口和貞&坂口征夫選手と始動させた新ユニットのスタート、気になっていたユニット名、かっこいいプロモーション映像&入場時の揃いの新コスチュームの背中に描かれた文字は
「eruption」!?
ネット検索で調べたら「イラプション」とは「爆発」や「噴火」を意味する英語だそうです。
流石は「ぺこぱ」の名付け親の沙希ちゃん、相変わらずのネーミングセンスだと感心していたら今回はスタッフの命名だって(ガクッ)。
試合の方は息つく間もない程スピーディな展開で常に動きっぱなし、沙希ちゃんは開始早々場外へダイブしたかと思うと、樋口選手に担がれてのキックやギロチンドロップ、坂口選手とエプロンPKの競演など連携プレーも冴え渡り、相当に練習を積んだ事が感じられました。
最後は樋口選手のドクターボムをアシストして勝利と幸先良い初陣となりましたが、男子の中に一人と言う事は必然的にターゲットにされるわけで(長く試合に出てくれるのは嬉しいのですが)相手側に長時間捕まって集中砲火を浴びる姿は痛々しいばかり…しかしそれだけの覚悟を持って自ら戦いの最前線に躍り出たわけですから悔いは無いはず、イラプションの今後の動向に注目しています。
イラプション初戦 こちらをクリック
沙希ちゃんツーショット集 こちらをクリック


試合後は日本橋三越店に出店中の「藤波家の食卓」へと立ち寄り、実は三日前にもランチを頂きに来ていましたが、その時は不在だった藤波さんがこの日はいらっしゃって、食事中じっくりとお話をさせて頂きました。
「ついさっき、赤井沙希ちゃんと20枚写真撮って来ました。」と報告すると大笑いされましたが(笑)、やはり我々の話題の中心は共通の神様である猪木様についてでした。
最近は天龍さんや武藤さんなど、あちこちから引っ張りだこの猪木様(後日詳報)、翌月にはホテルオークラ東京での喜寿を祝う誕生日会も決まっていましたが、藤波さん曰く「人が多くて猪木さんに近づけないだろうねえ。」と浮かぬ顔、一番弟子の藤波さんが近づけないなら、我々末席の下々の者はどうなるんですか(笑)!

 クリックで拡大
 一週間遅れでバースデー・イベント開催
 クリックで拡大
 薔薇の花は33本

翌週31日、一週間遅れで待望の沙希ちゃんバースデー・イベントが行われました。
場所はお馴染み新宿のスワンダイブ、これまた恒例の沙希ちゃんオリジナルカクテルは「おきばりやーす」が登場(笑)、シェリー酒の香りがほのかにする飲みやすい味でした。
いつもの売店での立ち話と違いこの日は時間がたっぷりあったので、沙希ちゃんから興味深い話が沢山聞けました。
七番勝負に賭ける思い
父親との関係
私がかなり貢献している?(笑)チェキ代・バックマージンのからくり?
以前に所属していたオスカー・プロモーションと現プラチナムの違い 前述の試合数増加の理由…etc

 クリックで拡大
 誕生日に幻となったダブルヘッダーは翌月実現しました

差し支えないエピソードは今後随時ご紹介していきたいと思いますが、一週間前のバースデー・マッチについては、シードーリングからのオファーを待っていたが今回は声がかからず、先に声のかかったベストボディ・ジャパンを優先したとの事、「新宿FACEと後楽園ホールならダブルヘッダーも可能でしたね。」(そうなっていたら私もはしご、チェキ会も一日二回!?)と言いましたが、まさか一日二試合がこのわずか一ヶ月後に本当に実現するとは思いませんでした。(詳報後日 ←こればっか)

楽しいひとときを過ごして定宿に帰り、テレビを付けたらちょうど沢尻エリカ被告、初公判のニュースが流れていました。
見ていて彼女が沙希ちゃんと同年齢という事を知りましたが、片や多くのファンに祝福され片や牢獄の中という明と暗…その時、人間はやはり真面目に正直に生きなければならないと思ったものです。
沙希ちゃんバースデーイベントの模様はこちらをクリック

この週の週末は前述のように東京女子の試合を板橋で観戦、さらに翌日は約一年ぶり「ウルトラマンA」新年会に参加して大阪に帰りました。
1月19〜2月2日までのツーショット総集編 こちらをクリック


次回更新日は4月4日、この日に相応しいテーマをお届け予定です。

<過去の日記>
サイトマップご利用にあたってプライバシーポリシー

(c) 2007 TAMIYA.Ltd