包装資材の専門商社 タミヤ

ホーム タミヤのチカラ 商品ラインナップ 環境保全活動 会社情報 お問い合わせ

会社情報

Home > 会社情報 > 社長の経営日誌
会社概要
主要販売・仕入先
社長の日誌

社長の経営日誌

孤高の天才 社長の経営日誌 田宮社長が好き勝手に織りなす独白です
  FILE No.689 2020.8.1  

「 リモート・プロレス 」

我がプロレス界も緊急事態宣言が解除された6月からようやく興行が再開され始めました。
自粛期間中は多くの団体が無観客試合の映像配信などをやっていましたが、やはりプロレスはお客様に見せてナンボですから興行再開はめでたい限り、但しまだまだ以前と同じと言うわけには行かず、席数を減らしてのリモート興行です。

 クリックで拡大
 ソーシャルディスタンスでゆったりとした客席

実に三ヶ月ぶりとなるDDTの板橋大会、入場時にはソーシャルディスタンスで距離をとって並ばされ入り口では検温&手のアルコール消毒、そして中に入るといつもより間隔を空けて椅子が並んでいました。
後列でもわりと見易いし、何よりゆったりしているので観客的には嬉しいのですが、団体側としては収益激減で辛いでしょう(会場費は割引して貰っているのでしょうが)。
ただ問題は観戦中もマスク着用が義務付けられた事で、普段マスクをしない私にこれはかなりきつい、水分補給時のみ外せる(当たり前だ)ので1分に一回は水飲んでました(笑)。冷房の入った館内でもこんなに苦しいのに、皆さん良く炎天下にマスクしてるなといつも感心しています。
果たしてこの状況で大声を出して応援して良いのか?と観客もいささか戸惑い気味、日本プロレス時代、初めてやって来る外国人レスラーは例外なく日本の観客が拍手するだけで試合中ウンともスンとも言わないので困惑したという話を思い出しましたが、令和に突如60年前にタイムスリップしたかのようです(笑)。
結局、「マスク着用であれば声援を送って頂いて構いません。」と告知がありましたが、あまりに規制されると無観客試合と変わらなくなるので良かったです。

注目の赤井沙希ちゃんは三ヶ月ぶりの観客の前での試合に入場時からイキイキ、試合後のサイン会でも(無観客だと)「何やっても反応ないし…」と本当に嬉しそうでした。
しかしこのサイン会も今どきのスーパーやコンビニのレジの如くビニールシート越しと近くて遠い距離、さらにツーショットマニアの私にとってはチェキ会が無いのがショックでした(涙)。
祝・興行再開、DDT板橋大会 こちらをクリック

さて、興行再開早々沙希ちゃんにビッグチャンス到来、翌週イラプションとしてKO-D6人タッグ選手権への挑戦が決まったのです!
ユニット結成以来5ヶ月にして巡ってきた大一番、当日はやはり興行を再開したばかりの東京女子プロレスとはしご観戦しました。
久々の白川未奈ちゃんもお客さんがいると緊張感とやる気が全然違うと嬉しそうでしたが勿論こちらもチェキ会無し、サイン会時もマスクにフェースシールド着用の重装備です(涙)。
東京女子・新木場大会 こちらをクリック

東京女子終了後、新宿のDDTに向かう前に「藤波家の食卓」が出店中の銀座ロフトにご挨拶に立ち寄りました。
三ヶ月ぶりの藤波さん、「どうしたの!?」と驚いた表情「いや〜、もうお会い出来ないかと思ってましたよ。」そんな薄情な(苦笑)!

 クリックで拡大
 この月唯一のツーショットはマスクの藤波さんと

自粛期間中からスタートの猪木様のDVD観賞、タイミングよくちょうどこの前夜に85年の猪木VS藤波戦を観たばかりだったので、その話で盛り上がりました。

本日のハイライト、沙希ちゃんが挑むタイトル戦は堂々のメイン、沙希ちゃんのメイン出場は3月のガンプロ以来、DDTの興行では昨年の地元・京都での凱旋興行(FILE No.636参照)以来、一年ぶりです。
実はこの日は本来、今年の京都凱旋興行が行なわれるはずでしたがコロナの影響で中止(涙)、新宿大会にスライドした経緯があり、一年ぶりのメインで是非結果を出して欲しいと願っていました。
相手チームは三人とも男子選手、いつも以上に集中砲火を浴び大ピンチの連続もパートナーの坂口&樋口選手は心を鬼にして殆どカットに入らずじっと見守る展開、リンダマンのジャーマンを食らった時はもう駄目か!?と目を瞑りましたがカウント2.9で肩を上げる驚異的な粘りに、マスク姿の館内がどっと沸きました。
怒涛の攻撃を受けきって反撃、執念の三度目のトライで必殺ケツァルコアトルから樋口選手が轟天(カナディアンバックブリーカーからのチョークスラム)を決め3カウント!
出来ればフィニッシュも沙希ちゃんに決めて欲しかったのが本音でしたが、遂に、遂に、悲願の王座奪取、第41代KO-D6人タッグ王者となったのです!!
沙希ちゃんの戴冠はアイアンマンヘビーメタルを除けば初、感極まって涙が止まらない姿に私もうるうる状態でした。
しかし王者に安息の時はなし、早くも翌月には初防衛戦(この時点では挑戦者未定)、そして二週間後には“おきばりやす”七番勝負の最終戦として里村明衣子戦が発表されました。
しかもこの試合はなんとメイン!DDT旗揚げ以来、初めて女子同士の試合がメインを取る事となったのです。
感動の王座奪取!DDT新宿大会 こちらをクリック

この日は実に三ヶ月ぶりに御徒町の定宿に宿泊、ここ数ヶ月、出張、会合、イベントとあらゆる用事が中止につき片っ端から予約キャンセルで心苦しかったのですが、久しぶりに予約したらこれまでより数千円も安くなっていて(ネット限定)びっくりしました。

 クリックで拡大
 初めてやって来た鶴見青果市場

翌週は連戦で新宿大会ではイラプションの初防衛戦の相手がアントーニオ本多、HARASHIMA、里歩の異色トリオに決定しました。
DDT新宿大会 こちらをクリック
翌日は大阪に帰る前に神奈川の鶴見青果市場大会を観戦、私は同会場に行くのは初めてでしたが、想像以上に場末感漂いまくりの空間でした(笑)。

ツーショットが禁止なので最後にお届けするのはこの月のワンショット集(しかもコロナ対応バージョン)一日も早いツーショットの解禁を!!
ワンショット集6月編 こちらをクリック

<過去の日記>
サイトマップご利用にあたってプライバシーポリシー

(c) 2007 TAMIYA.Ltd