包装資材の専門商社 タミヤ

ホーム タミヤのチカラ 商品ラインナップ 環境保全活動 会社情報 お問い合わせ

会社情報

Home > 会社情報 > 社長の経営日誌
会社概要
主要販売・仕入先
社長の日誌

社長の経営日誌

2010.2.27
FILE No.150
150回記念 「 50周年(1) 」

3月決算スローガン

最高の売り上げと最高の利益を最少の在庫で実現する

今回は150回記念、何かそれにふさわしいメモリアルネタを…と言う事で「50周年」、そう今年はアントニオ猪木のプロレス・デビュー50周年の記念すべき年ですよ〜!!

今から半世紀も前の1960(昭和35)年9月30日、東京・台東区体育館で当時の猪木寛至はデビュー戦を行いました。

先日50周年記念のトークイベントが開催されたので行って来ました。
勿論今は現役レスラーではない猪木さんですが永遠の旅人、そして夢追人として夢とロマンを熱く語ってくれました。
これからも元気を失った日本に、闘魂を注入し続けて欲しいものです。

そう言えば先日、リスパックさんのトップ・ステージ会に参加させて頂いて聞いたのですが、同社の主力商品であるボンカップ(丸や角の形状の透明容器)も今年発売50周年だそうです。
20年ほど前に素材が塩化ビニールからA-PETに変更されたのと同時に名称もクリーンカップと変わって現在まで続くロングセラーとなっています。

さて、アントニオ猪木、そしてリスパックさんのカップには一年遅れをとりますが実は我が社も来年5月には50周年を迎えます!
1961(昭和36)年5月、現会長の田宮一成が田宮紙店として個人創業したのが始まりでした。(法人設立は1974年。)

まだ一年以上も先ですがこの話をすると「何か記念パーティとかをやるのですか?」と聞かれたりもします。小さな会社で嬉しがってそんな事やらね〜よ!
当社の会長もあまり派手な事は好きではないので別に何もやるつもりもないのですが…、でもよく考えれば50周年に立ち会えるっていうのは凄い事ですよね。
もし100周年があったとしても私を始め今いるメンバーは確実にいないわけですから(いたら怖い! 笑)。

とにかく、50周年を目前に控えた今年をまず充実した年にしなければ話になりませんので、猪木さんの闘魂を見習って全力で走り続けます。
行くぞー! 1,2,3、ダー!!

<過去の日記>
サイトマップご利用にあたってプライバシーポリシー